Reuters logo
NYの視点:米製造業は弱いペースながら成長継続、12月の利上げ正当化か
2016年10月3日 / 22:21 / 1年前

NYの視点:米製造業は弱いペースながら成長継続、12月の利上げ正当化か


*07:16JST NYの視点:米製造業は弱いペースながら成長継続、12月の利上げ正当化か

米供給管理協会(ISM)が発表した全米の製造業活動を示す9月ISM製造業景況指数は51.5と、8月49.4から再び50を上回り活動の拡大に好転した。主要項目である新規受注が55.1と、8月の49.1から上昇したことが全体指数を押し上げた。また、製造業の雇用も49.7と、8月の48.3から改善した。ISMの製造業調査責任者、ホルコム氏は「製造業には勢いがあるものの、非常に強いものではない」との見解。同時に、逆風が成長を妨害する可能性もないと見ているようだ。

7−9月期のISM製造業の平均は51.2。4−6月期平均の51.8を若干下回る。昨年同期は51.0。製造業の新規受注が増加を今後も継続した場合、必然的に生産や雇用に拍車をかけることになる。9月分の生産は52.8と、49.6から再び活動の拡大を示す50台を回復。雇用も49.7と、48.3から50寸前まで改善した。輸出も52.0と、活動の拡大域。輸出は今四半期もGDPに寄与すると見られる。前四半期の輸出の寄与度は18ベーシスポイントで、今期もほぼ同水準の寄与が期待されている。

ISM製造業の結果は7−9月期経済の反発が緩やかなものにとどまることを示唆しているとエコノミストは指摘。市場エコノミストの7−9月期国内総生産(GDP)の成長見通しは、現状で2.9%前後。全般的に年後半の経済は、一部で期待されていたような力強い回復は見られないものの、順調な回復基調が予想されており、年末の利上げを正当化すると見られる。

■米9月ISM製造業景況指数
PMI:51.5(8月:49.4)
新規受注:55.1(49.1)
生産:52.8(49.6)
雇用:49.7(48.3)
入荷遅延:50.3(50.9)
在庫:49.5(49.0)
顧客在庫:53.0(49.5)
仕入価格:53.0(53.0)
受注残:49.5(45.5)
輸出:52.0(52.5)
輸入:49.0(47.0)


《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below