Reuters logo
世界EV市場で中国メーカー活躍、9社が販売TOP20入り
2016年10月4日 / 03:02 / 1年前

世界EV市場で中国メーカー活躍、9社が販売TOP20入り


*11:56JST 世界EV市場で中国メーカー活躍、9社が販売TOP20入り
世界一の電気自動車(EV)大国となった中国について韓国紙「中央日報」はこのほど、し烈な業界競争がEVメーカーの実力を養う原動力になったと分析する記事を掲載した。EV購入支援策が企業の業界参入を促進。消費者の選択肢が増える中で、メーカー間競争を刺激した点を指摘した。結果的に技術進歩への企業努力を促し、比亜迪(BYD:1211/HK)のようなEV世界トップメーカーを誕生させた———と伝えている。
2016年上半期のEV世界販売ランキングでは、上位20社の中に中国企業が9社入った。BYDは4万3244台を売って首位。絶対数はBYDに及ばないものの、北京汽車も販売台数1万4584台で、EV「シボレー・ボルト」を展開する米ゼネラルモーターズ(GM)の1万2947台を上回った。このほか、江淮汽車(9720台)、上海汽車の「栄威(ROEWE)」ブランド車(9231台)、浙江衆泰汽車(7863台)などが上位20位圏内にランクインしている。
一方、韓国ではEV市場の成長に出遅れが目立つ。業界団体である韓国自動車産業協会の発表によると、韓国のEV販売は今年上半期、わずか745台にとどまった。韓国EV産業について同協会のキム・ヨングン会長は、「統一的な司令塔が必要だ」と指摘。「2000年代後半からEV産業の発展支援策を打ち出してきた中国と異なり、各部門当局の政策に統一感がない韓国の現状を問題視した。
「中国電動汽車資源網」の概算統計によると、中国のEV販売は今年上半期に12万2678台へと積み上がり世界最多。米国(6万4057台)、フランス(1万8631台)などの自動車強国を大きく突き放した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below