Reuters logo
中国人の3割が旅行旅行にカップめん持参、理由は「安さ」にあらず
2016年10月4日 / 06:36 / 1年前

中国人の3割が旅行旅行にカップめん持参、理由は「安さ」にあらず


*15:32JST 中国人の3割が旅行旅行にカップめん持参、理由は「安さ」にあらず
海外旅行に行く際、「カップめん」を持参する中国人が全体の3割以上に達することが分かった。その最大の理由は、「外国の食事に慣れていない」ためという。参考消息網が9月30日付で伝えた。
阿里旅行などがこのほど発表したリポートで明らかになったもの。インスタントのカップめんを持参する理由としては他に、「食事の時間を他に回したい」「値段が安い」などが挙がったという。持参するカップめんの数は「3~5個」との回答が最多。また、「現地でカップめんを購入する」と答えた人も全体の約6割に上った。
世代別で見ると、「70後(1970年代生まれ)」で66%、「80後」で54%、「90後」で51%の人がカップめんを持参すると回答した。世代が若くなるにつれ、“現地の味にチャレンジする”傾向が強まるのだという。
旅行者のタイプ別では、独身者や家族連れで持参する人の割合が大きく、カップルは最低。一方、所得別では大きな違いは見られず、月収2万人民元(約32万円)以上の層でも、43%がカップめんを持参すると答えた。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below