Reuters logo
天然ゴム市場が上昇傾向? その背景とは、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2016年10月5日 / 07:26 / 1年前

天然ゴム市場が上昇傾向? その背景とは、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*16:23JST 天然ゴム市場が上昇傾向? その背景とは、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

10月4日の東京ゴムの価格は、円安や原油高、主生産地であるタイの悪天候などを背景に上昇しましたね。
松永さんによると、
『世界最大の天然ゴム生産国であるタイでは、首都バンコクの複数の主要幹線道路が冠水し、首都の交通がマヒしている模様』とのこと。
『そして、タイでは10~12月が雨季の中でも多雨期となります。更に、ラニーニャ現象の発生に伴って東南アジア周辺の海面温度が上昇していることで積乱雲の発生量が増加しております。タイの北部や中部で洪水被害が拡大しているものの、天然ゴムの主生産地となるタイ南部では洪水被害はまだ見受けられません』とおっしゃっています。

年末に向けてタイでは洪水被害が多発するシーズンを迎えます。これにラニーニャ現象の影響が加わることで、
『洪水被害がタイ南部にまで拡大すれば、天然ゴムのタッピング障害を招く可能性もあります』とおっしゃっていました。

ゴムの値動きについては、
『最近の原油価格の上昇に伴って石油から生成される合成ゴム価格が上昇しております。そうした合成ゴム価格の上昇に天然ゴム価格も反応し始めている模様』とのことですので、チェックしてまいりましょう!

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月5日付「天然ゴム市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below