Reuters logo
NYの視点:ドル指数、200DMA突破、米雇用統計へのポジティブサプライズ期待も
2016年10月6日 / 22:21 / 1年前

NYの視点:ドル指数、200DMA突破、米雇用統計へのポジティブサプライズ期待も


*07:16JST NYの視点:ドル指数、200DMA突破、米雇用統計へのポジティブサプライズ期待も

市場は米国の12月の利上げを本格的に織り込み始めた。米金利先物市場での12月の利上げ確率は63.9%まで上昇した。サプライズを好まない米連邦準備制度理事会(FRB)は市場が60−70%前後、調整を織り込まない限り、行動を起こさない傾向にある。ゴールドマンサックスやJPモルガン銀のエコノミストはベンチマークとなる米10年債の利回りが年内に2%に達すると見ている。

ハト派とされるメンバーも含めほとんどのFOMCメンバーは、FRBが労働市場とインフレで目標達成に近く「利上げは近い」と判断しているようだ。実際、アメリカの労働市場は最大雇用に達した証拠が多く見られる。雇用統計の非農業部門雇用者数では、昨年まで平均で各月20万人程度の雇用の増加が見られたが、本年に入り平均で20万人を割り込みペースの鈍化が見られる。このことも、労働市場が最大雇用に達した証拠と見られている。週次新規失業保険申請件数も過去最低水準に達した。市場エコノミストは、9月雇用統計で、非農業部門は17万人増と、15万人増から伸びが拡大すると見ている。

リッチモンド地区連銀のラッカー総裁は10万人程度の増加でも労働市場が拡大している証拠となるとしており雇用減少にでも落ち込まない限り、年内の利上げが正当化され、ドルを支えると見る。大統領選挙を直前に控え、民主党に有利になるように政府が発表する10月の経済指標がポジティブサプライズとなるとの陰謀説も浮上。ドル指数も96.76まで上昇。心理的節目となる95.91も突破しており、中期的にドル高基調が再燃した可能性がある。


《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below