Reuters logo
仮想通貨の近未来は「どうなるか?」ではなく「どうするか?」【野口悠紀雄が語るフィンテックと仮想通貨(3)】
2016年10月7日 / 05:56 / 1年前

仮想通貨の近未来は「どうなるか?」ではなく「どうするか?」【野口悠紀雄が語るフィンテックと仮想通貨(3)】


*14:53JST 仮想通貨の近未来は「どうなるか?」ではなく「どうするか?」【野口悠紀雄が語るフィンテックと仮想通貨(3)】

ビットコインと銀行発行の仮想通貨との間が、どういう関係になるのかは興味深い問題です。ただ、いくつかの面で、メガバンクの仮想通貨のほうに優位性があります。まず価値が変動しない。だから決済手段としては使いやすい。また、銀行は信頼できるという日本人の思考にも合っているというか、親和性は高いような気はします。ただメガバンクのプライベートブロックチェーンが、どういうブロックチェーンなのかよくわかりません。

仮想通貨間の競争はすでに生じていますが、正直なところ長期の見通しについてはよくわからない面があります。ビットコインのマイニングに伴う収入は今でも、もう2段階減らされて、インセンティブが減っているわけですね。そして将来、発行量が一定になるということはマイニングからの収益がなくなるわけです。

それでもビットコインは運営し続けるだろう、マイニングは止まらないだろうと言われていますが、それは手数料で賄います。本当に手数料だけでマイニングが続くかどうかについては、私は疑問に思っています。つまり、まだよくわからないということです。

とくに仮想通貨の近未来はビットコインのような完全に自由な仮想通貨が扱われるようになるのか、それともメガバンクのように価値を一定にした金融機関が背後にあるような仮想通貨が使われるようになるのか、それとも中央銀行なのか。このどれが実現するかによって、社会のあり方は非常に違うでしょう。

だからこそ今、私たちに必要なのは、「どうなるか?」ではなく、「どうするか?」という能動的な思考・活動だと思います。

(野口悠紀雄/早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問)

※本稿は実業之日本社より刊行されているムック「Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号」の記事からの抜粋(一部修正)です。野口悠紀雄氏へのインタビュー全編「フィンテックの近未来と通貨革命」は、現在発売中の「Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号」をご覧ください。



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below