Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】共産・小池氏 :法の適正運用へ手間惜しむな
2016年10月11日 / 05:11 / 1年後

政治から読み解く【経済と日本株】共産・小池氏 :法の適正運用へ手間惜しむな


*14:05JST 政治から読み解く【経済と日本株】共産・小池氏 :法の適正運用へ手間惜しむな
報道によると、菅官房長官と稲田防衛相は、政治資金パーティーの会費を払った際、白紙の領収書を受け取っていたことを認めた。自身の事務所関係者が金額などを記入したという。共産党の小池書記局長によると2012年からの3年間で、同一人物が記入したとみられる領収書が菅氏は約270枚、1875万円分、稲田氏は約260枚、520万円分確認された。高市総務相にも同様の例があったもようだ。政治資金規正法を所管する高市氏は、「領収書の作成方法に関する規定はないとして、法律上の問題は生じないとの見解を表明している。社会常識的には、領収書を作成するのは政治資金の受領者側であるべき。 菅氏は、「数百人規模が参加するパーティーの受付で、全員の宛先や金額を記載すると、円滑な運営に支障が生じる」と釈明したが、野党議員ができることを与党がやらないのは明らかにおかしいし、有権者は理解できない。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below