Reuters logo
中国:「家庭用掃除ロボ」の需要急増、市場規模1.59兆円まで拡大へ
2016年11月16日 / 02:57 / 1年前

中国:「家庭用掃除ロボ」の需要急増、市場規模1.59兆円まで拡大へ


*11:50JST 中国:「家庭用掃除ロボ」の需要急増、市場規模1.59兆円まで拡大へ
家庭用の掃除ロボット市場が中国でも急拡大する見通しだ。コンサル会社の前瞻産業研究院がこのほど発表したリポートによると、家庭用掃除ロボットの中国市場は、足元で50億~55億人民元(約793億~873億円)の規模に過ぎない。ただ、普及率が洗濯機と同レベルに拡大し、1台当たり価格が手ごろな1000人民元前後にまで低下した場合、爆発的に需要が喚起される見通しだ。国内全体の市場規模は、1000億人民元(約1兆5900億円)を超えるという。
販売を押し上げる要因は複数存在する。高齢化に伴う省力化のニーズなどだ。掃除や洗濯などの反復的な作業は、単純労働ともいえる。器械に肩代わりさせる需要は、必然的に発生する見込みだ。
また、中国政府はロボット産業の成長を強力に推進するスタンス。産業支援策の投入が相次ぐなか、家庭用の掃除ロボットについても、販売が急ピッチに伸びる可能性が高いとみられる。
ただ、欠点としては、価格の高さ、清掃技術レベルの低さなどが挙げられる。消費者の関心は高いものの、受け入れ度はまだ低い。中国では先進的な東部沿海エリアでさえ、家庭普及率は4~5%にとどまる。30~40%に達した掃除機と比較し、依然として低い状態だ。
前瞻産業研究院の「掃除ロボット産業分析報告」によれば、世界の掃除ロボット大手は、米アイロボット、独ケルヒャー、スウェーデンEkctdux、パナソニックなど。家庭用掃除ロボットの世界販売額は、2010年時点で6億1000万米ドルに達した。14年は22億米ドルまで拡大。販売台数は前年比71.28%増の335万7000台に膨らんだ。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below