2016年11月17日 / 04:31 / 1年後

中国は「世界で最もネットが不自由な国」、国際NGOが発表


*13:28JST 中国は「世界で最もネットが不自由な国」、国際NGOが発表
世界の自由と人権状況を監視する国際NGO「フリーダム・ハウス」は15日、グーグルのワシントン事務所で「2016年インターネットの自由リポート」を発表した。その中で同NGOは、中国を「世界でネットが最も不自由な国」の1つに再び認定した。
リポートでは、中国が2016年にネットの自由を最も脅かした国だったと指摘。習近平・国家主席が進める「情報の安全」政策を通じ、ネットの検閲などに抗議する活動家を弾圧した事実などに言及した。また、2015年には多くの法律を制定し、ネット上の言論の自由を規制。例えば、交流サイト(SNS)で流言を拡散した場合、最高で懲役7年が科されるようになった。
さらに中国では、少数派の宗教信者が海外の宗教的な映像を見ることが禁止されているという。また、英誌エコノミストや香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは2015年、天津市で起きた爆発事故に関する報道が理由で、中国でウェブサイトの閲覧ができなくなった。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below