Reuters logo
トランプ大統領誕生後の相場展望【米国株編】:物色の方向性はニューエコノミー否定の動きに
2016年11月17日 / 06:21 / 10ヶ月前

トランプ大統領誕生後の相場展望【米国株編】:物色の方向性はニューエコノミー否定の動きに


*15:16JST トランプ大統領誕生後の相場展望【米国株編】:物色の方向性はニューエコノミー否定の動きに


米国主要企業の株価騰落率
アップル     -3.6
マイクロソフト  -2.6
エクソンモービル 1.8
アマゾン     -5.7
J&J      -0.6
JPモルガン   13.3
フェイスブック  -5.7
ファイザー    7.4
GE       4.5
キャタピラー   11.5

上表は、トランプ米新大統領決定後の米国主要企業の株価騰落率である(11/8~11/15)。JPモルガンが13%強の上昇、長期金利の上昇に加えて、ドッド・フランク法(金融規制改革法)の撤廃や大幅修正を示唆など、規制緩和が期待されて銀行株が強い動きとなっている。

また、キャタピラーも10%強の上昇となる。トランプ氏のインフラ投資拡大策で、最もメリットを受ける銘柄の一つと位置づけられている。
さらに、ファイザーも強い動きだが、医薬品株にはオバマケア緩和策への期待感が反映されている。

一方で、IT関連株が総じて軟化している。とりわけ、アマゾンやフェイスブックなど新興ネット関連株の下落率が相対的に大きくなっている。
アマゾンCEOが選挙活動中のトランプ氏と対立などとも伝えられるなど、「FANG」4銘柄を中心にテクノロジー業界はおおむねヒラリー氏支持であったとみられ、今後の事業拡大に向けた動きなどで障害が出てくるのではないかといった警戒感が先行しているようだ。

ここまでの株価二極化は、ニューエコノミーの否定、並びに、オールドエコノミーの復権を想定させるような動きである。「トランプラリー」の継続を想定するのであれば、とりわけ、今後はニューエコノミーを否定する動きが続くとも考えるべきであろう。
日本株に関しても、米国市場の流れが波及する形で、オールドエコノミー主導の相場展開になっていくことも想定したい。

(執筆/佐藤勝己~フィスコ・チーフアナリスト)



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below