Reuters logo
12月13~14日に開催のFOMCの注目ポイントは、SMBC日興証券(花田浩菜)
2016年12月12日 / 02:37 / 10ヶ月前

12月13~14日に開催のFOMCの注目ポイントは、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:30JST 12月13~14日に開催のFOMCの注目ポイントは、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

13~14日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されますね。これは今週最大の注目イベントと言っていいでしょう。
今回のFOMCで注目すべきポイントについて、12/9付けの「主要通貨デイリー」にレポートが掲載されましたのでご紹介します。

同レポートによれば、『マーケットは利上げを確実視しており、実際に利上げが決定されてもサプライズとはならない見込み』とのことで、『焦点となるのは、1.FOMC参加者の政策金利見通し、2.イエレンFRB(連邦準備制度理事会)議長の記者会見の2点』だとのこと。

1.については『3回以上の利上げを予想する参加者が増えた場合にはドルの上昇が期待』され、2.については『(イエレン議長は)来年も米国経済の状態を見極めながら慎重に利上げを行なっていく意向を示す』と予想するとしています。

ただ、『ダドリーNY連銀総裁は5日、米国景気の下振れリスクは低下したと発言。イエレン議長も同様の見解を繰り返した場合、米国経済に対する安心感や、先行き利上げペースが幾分速まるとの思惑がドルをサポートする可能性』もあるとも伝えていて、その点に注目が集まっているようです。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below