Reuters logo
トランプ次期米大統領、「1つの中国」順守しない可能性に言及
2016年12月13日 / 03:11 / 9ヶ月前

トランプ次期米大統領、「1つの中国」順守しない可能性に言及


*12:08JST トランプ次期米大統領、「1つの中国」順守しない可能性に言及
トランプ次期米大統領は11日、米FOXニュースの取材に対し、中国が貿易問題で譲歩しない場合、「1つの中国」原則を順守しない可能性があると述べた。中国にとって“譲れないライン”を踏み越える発言で、これまでより“挑発の度合いが高い”発言として注目されている。複数メディアが12日伝えた。
トランプ氏は11日、「私は『1つの中国』という原則を完全に理解している。しかし、貿易や他の問題で中国と取り引きが成立しない場合、どうして『1つの中国』の制約を受ける必要があるだろうか」と語った。
トランプ氏はこれに先立つ今月2日、台湾の蔡英文総統と電話で会談。台湾首脳との直接対話は、1979年の米台断交と中国国交樹立以来のルールを打ち破るものとなった。トランプ氏はこの会談について、「私は中国の指図を受けたくない。あれは楽しい電話会談だった。私が電話を受けてはいけないと、どうして別の国が言えるのか」などとコメントしている。なお、蔡総統との電話会談はあらかじめ計画したものではなく、2時間前に初めて電話があることを知ったという。
トランプ氏はまた、人民元相場や南シナ海、北朝鮮などの問題で中国を批判している。北朝鮮の核開発問題に関しては、「中国は北朝鮮の支持者だ。核開発問題を解決できるのに、全くわれわれを助けようとしない」と語り、中国の姿勢に不満を示した。
中国の王毅外相は12日、トランプ氏の発言に対し、「『1つの中国』の原則を破壊し、中国の核心的利益を損なおうとしても、石を自分の足にぶつけるようなもの」と述べている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below