Reuters logo
【中国】春節嫌いの“恐年族”増加、「カネとカラダ持たない」(
2017年1月22日 / 08:50 / 8ヶ月前

【中国】春節嫌いの“恐年族”増加、「カネとカラダ持たない」(


*17:45JST 【中国】春節嫌いの“恐年族”増加、「カネとカラダ持たない」(
中国で近年、春節(旧正月)を嫌う若者が増加している。こうした若者は“恐年族”と呼ばれ、春節が近づくと「憂うつ」になるのだという。金銭、健康の2つの面で、メリットがないと感じているようだ。政府系メディアが17日付で伝えた。

まず金銭面では、親戚の子どもたちへのお年玉が大きな負担としてのしかかる。また、親戚や友人との宴会がほぼ毎日続くため、懐は寒くなる一方だ。

健康面では、連日の宴会で「飲みすぎ」「食べすぎ」が続く。普段酒を飲まない若者も、アルコール度数の高い「白酒」を無理やり飲まされるなどして、体調を悪くする人が少なくないという。

さらには、「精神的な健康」にも悪影響があるという。「彼女はいるのか」「結婚はいつするのか」といった年長者からの質問攻めは、精神的なダメージが大きい。また、帰省した際の同級生たちとの「見栄の張り合い」も悩みの種だ。

こうした“恐年族”は、海外旅行などを口実にして、なんとか帰省から逃れようとしているという。


【亜州IR】



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below