Reuters logo
【中国】「結婚式シーズン」の春節、司会料金は1回10万円にも
2017年1月22日 / 11:40 / 9ヶ月前

【中国】「結婚式シーズン」の春節、司会料金は1回10万円にも


*20:35JST 【中国】「結婚式シーズン」の春節、司会料金は1回10万円にも

中国では「結婚式シーズン」の春節(今年は1月28日が旧暦元旦)に、経験豊富な司会者の料金が約3割上昇し、1回につき6000人民元(約10万円)に上るケースもあるという。閑散期に比べ、1000人民元以上も値上がりするというのだ。華西都市報が伝えた。

四川省南充市に住む任さんは、昨年7月の時点で2017年2月2日に結婚式を挙げることを決めた。同市順慶区と嘉陵区のブライダル会社10社余りを調べたところ、どの会社でも司会者の費用が1600~2000人民元だったという。

順慶区でブライダル会社を経営する杜氏によれば、毎年労働節(5月1日)、国慶節(10月1日)、春節の時期が結婚式シーズンで、司会者の料金が値上がりする。また、同市婚慶商会の秦志剛・会長によると、一般に司会者の報酬は800人民元前後だが、結婚式シーズンには倍増するケースもあるようだ。

李さんはブライダル業界で6年間、司会者を務めた経験の持ち主。12月に入り、ほぼ「休みなし」の状態という。閑散期の月収は7000~8000人民元だが、春節になると月収は約2万人民元に上昇。これに商業イベントの司会を加えると、月収は4万~5万人民元になるという。


【亜州IR】


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below