Reuters logo
コラム【アナリスト夜話】:立春後の相場を『強気』に変える?脳内物質(マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那)
2017年2月1日 / 10:03 / 9ヶ月前

コラム【アナリスト夜話】:立春後の相場を『強気』に変える?脳内物質(マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那)


*18:56JST コラム【アナリスト夜話】:立春後の相場を『強気』に変える?脳内物質(マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那)
2月4日は立春。今年はトランプ米新大統領の連日連夜の活動で、市場の“アノマリー”など気にしている場合ではないかもしれませんが、いわゆる“節分天井”のタイミングです。

しかし、海外、特に欧州など緯度の高い地方では、春先に強気に転じやすいとする説もあります。

これに関係しているのが、セロトニンという脳内物質です。やる気の源になり精神をコントロールします。逆に少ないと、うつ病を誘発するとされるホルモンです。1月に東北大学が、セロトニンが少ないショウジョウバエは、求愛行動はするもののプラトニックな愛を貫くという研究を発表し、大きく報道されました。

そのセロトニンは、日光を浴びることで増えます。この日照時間と人々の気分については、各種の研究で関係性が示されています。ということは、投資行動にも日照時間が影響を与えているのでは…そう考えて調べてくれた機関がありました。米アトランタ連銀です([a:here#65289;。

日照時間以外のアノマリーをできるだけ排除して分析した結果、地域によっては、日照時間が短い間は株価が上がりにくい、という結果が出ています。日本はそうでもないのですが、欧州など緯度が高く年間の日照時間の格差の大きい地域ではその特性が強く出ています。

偶然も大いにあるでしょうが、たとえば、北欧の銀行危機の1990年代初頭、北欧市場が底を打ったのは1991年1月でしたし、英国が財政問題にあえいでいた1970年代半ばの最安値も1974年12月でした。

その後の研究結果も分かれているので、市場と日照時間の関係は立証されているわけではありません。しかしもし、セロトニンに裏付けされた強気センチメントが春とともに訪れるとすれば、今年の春先以降の欧州の各種選挙後の株価にも少しは追い風--になればいいのですが。

マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那
(出所:1/30配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below