Reuters logo
香港実業家が中国で拘束、「反習近平」で取り調べか
2017年2月2日 / 03:07 / 8ヶ月前

香港実業家が中国で拘束、「反習近平」で取り調べか


*12:01JST 香港実業家が中国で拘束、「反習近平」で取り調べか
複数の海外中国語メディアによると、香港実業家の肖建華氏が1月27日夜、中国公安(警察)と国家安全部によって拘束され、中国本土に連行された。肖氏は中国共産党内部の「反習近平同盟」に加わっていたといい、習政権が今秋の党大会を有利に進めるため、取り締まりに踏み切ったものとみられている。
報道によると、肖氏は北京で拘束されている。党上層部の家族が多数関連しているため、肖氏が拘束されている場所の周辺は厳戒態勢が敷かれているという。
肖氏がトップを務める明天控股公司はインターネットを通じ、「肖氏は海外で病気療養中。会社の運営は通常通り」と発表した。肖氏もネットを通じて「中国本土に拉致された事実はない」とコメント。自身がカナダ市民で、香港の永久居留証を持っていることに言及し、カナダと香港の法的保護を受けていると強調した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below