Reuters logo
中国:サムスンSDI天津工場で火災、バッテリーから出火か
2017年2月9日 / 06:42 / 8ヶ月前

中国:サムスンSDI天津工場で火災、バッテリーから出火か


*15:37JST 中国:サムスンSDI天津工場で火災、バッテリーから出火か
天津市武清公安消防支隊は8日、韓国サムスン電子傘下のバッテリー製造会社サムスンSDIの合弁工場(武清開発区)で、同日午後6時ごろに火災が発生したことを明らかにした。リチウムイオンバッテリーと半完成品から出火したとみられている。けが人はなかった。中国新聞網が伝えた。
同消防支隊は出火の通報を受けた後、消防車19台を出動させ、消火活動に当たった。従業員約600人が避難したとされる。
火災が起きた合弁工場は、サムスンSDIと天津市中環電子信息集団が1996年に設立したもの。総投資額は5億2000万米ドル(約583億円)で、敷地面積は50万平米に上る。サムスン電子だけでなく、米アップルや台湾HTC、フィンランドのノキアなどにリチウムイオンバッテリーを納入している。
なお、昨年発火問題を起こしたサムスンのスマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーの多くは、サムスンSDIが生産していたとの情報もある。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below