Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・柿沢氏 :第5条が適用されるからといって、アメリカが守ってくれると保証されたわけで
2017年2月10日 / 10:46 / 7ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進・柿沢氏 :第5条が適用されるからといって、アメリカが守ってくれると保証されたわけで


*19:43JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・柿沢氏 :第5条が適用されるからといって、アメリカが守ってくれると保証されたわけで
民進・柿沢氏は「ちなみに、この第5条が適用されるからといって、アメリカが守ってくれる(と保証された=柿沢注)わけでもないし、中国軍が尖閣諸島を上陸・占拠したとして、これを武力で排除してくれる(と保証された=柿沢注)わけではない。」とツイート(2/10)

柿沢氏によると、「そもそも、尖閣諸島への日米安保条約の適用を確認しても、それは現状では尖閣諸島が日本の執政権の下に置かれているから適用されるという話になるのであって、尖閣諸島の日本の領有権を確認する(と保証された=柿沢注)ものではない。〉
ある方のブログに、トランプ大統領との日米首脳会談についてこう書かれていた。ブログ全体の論調は極めてクールなものなので、私自身のオピニオンが全面的に一緒だと思われないように転載はしないが、この部分は重要だと思うので、コピペで貼り付けておく。
もちろんそう言わないよりは百万倍良いけれども、オバマ大統領も言っていたし、その言葉の意味するところを過大視して楽観しすぎるのは正しい理解ではない。

政治学者などの識者の間でも柿沢氏の指摘とほぼ同じ意見が多いようだ。無条件ですみやかな日米安保条約の適用については以前から懐疑的な見方が多い。米議会の承認が必要となるはずであり、100%発動されるとは言い難い。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below