Reuters logo
【中国】「ロス電力」の問題深刻化、甘粛省で風力エネルギー43%浪費
2017年2月12日 / 04:40 / 7ヶ月前

【中国】「ロス電力」の問題深刻化、甘粛省で風力エネルギー43%浪費


*13:35JST 【中国】「ロス電力」の問題深刻化、甘粛省で風力エネルギー43%浪費
「棄電」(ロス電力)の問題が中国で再びクローズアップされている。2016年も発電設備の稼働を停止し、送電量を制限する「棄風限電」「棄光限電」「棄水限電」などが頻発した。政策の後押しでクリーンエネルギー発電容量が拡大する一方、送電インフラの整備が追い付いていないためという。中国経済網が8日に伝えた。

国家能源局の統計によれば、風力エネルギーを無駄にする「棄風」は、2016年通年で甘粛省が全体の43%、新彊ウイグル自治区が38%、吉林省が30%、内モンゴル自治区が21%など。太陽光エネルギーを無駄にする「棄光」は、西部エリアで平均20%に達したという。送電網の整備は、遅れが目立っている。

しかしながら、政府は再生可能エネルギーの開発に注力する方針だ。中国は国際社会に対し、一次エネルギー消費に占める非化石の比率を公約したため。2020年の約15%、30年の約20%を目指す計画を打ち出した。非化石エネルギー電源の発電容量に関しては、20年で7億7000万キロワット(kW)にまで拡大させる必要がある。15年末と比較し、2億5000万kWも増やさなければならない計算だ。

国家発展改革委員会が先ごろ発表した「再生可能エネルギー発展の第13次5カ年計画」によると、中国政府は第13次5カ年計画の期間中、総額2兆5000億人民元(約40兆9700億円)を再生可能エネルギーの発展に投資する。

この投資額は、前5カ年計画を39%上回る規模。うち水力に5000億人民元、風力に7000億人民元、太陽光に1兆人民元を投入する計画だ。発電容量については、水力で約6000万kW、風力で8000万kWの新設を進める。

15年末時点の再生可能エネルギー発電容量は、水力で3億2000万kW、風力で1億2900万kW、太陽光で4318万kWに達し、いずれも世界最大級の規模。再生可能エネルギーの発電量は1兆3800億kWhで、電力消費量の25%を占めた。


【亜州IR】



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below