Reuters logo
中国向け越境EC市場は19年に7.8兆円規模へ、日米からの展開中心に
2017年2月12日 / 23:53 / 7ヶ月前

中国向け越境EC市場は19年に7.8兆円規模へ、日米からの展開中心に


*08:47JST 中国向け越境EC市場は19年に7.8兆円規模へ、日米からの展開中心に
総合マーケティングビジネスの富士経済が9日発表した最新リポートによると、中国向け越境ECの市場規模(物販)は2019年に、世界全体で4700億人民元(7兆7879億円)に達する見通しだ。16年見込みの2320億人民元に比べ、約2倍に膨らむ計算。特に日本や米国、韓国からの展開が中心になるという。
中国政府は内需主導型の経済成長を目指し、ECの普及を積極的に進めている。特に越境ECについては、国外での消費を国内消費に切り替えられるため、法改正などによって活性化を図っている状況だ。そうした環境の中、日本から中国向けの越境ECも年々増加。16年には、その規模が613億人民元に拡大したとみられ、米国や韓国などを抑えて最大の市場規模に成長したと見込まれている。
商品カテゴリー別では、中国向け越境ECのうち30%弱を生活雑貨が占める。中でも、海外製品への安心感や安全面から、紙おむつをはじめとしたマタニティ・ベビー用品の実績が高い。価格競争の激化が懸念されるものの、「一人っ子政策」の廃止によってこれら用品の需要はさらに高まることが予測されるという。
このほか、スキンケア用品・化粧品、美容器具などを含むビューティ用品が25%弱を占める。外国化粧品ブランドの出店活発化や、国内メーカーとの提携により、正規品が安定的に供されていることで販売実績が拡大している格好だ。食品に関しては、中国産に対する消費者の疑念が依然として強く、粉ミルクやスナック菓子をはじめとした加工食品などの需要が高まっている。
アパレル用品では、ベビー・子供服、インナーウェア、マタニティウェアなどの販売が拡大中。家電の中では、炊飯器や空気清浄機などインバウンド消費の主力商品が越境ECでも人気となっているものの、取引の規模は小さい。
受注形態別では、スマートフォン経由が60%以上に達する。4G対応の安価なスマホが普及する中、11月11日の「シングルデー(独身の日)」など大規模なセールイベント時に、イベント中継をパソコンで鑑賞しながらモバイル端末で商品を購入する消費者が増えているという。また、ECサイト側ではショッピング用のスマホアプリを公開し、クーポン発行などで顧客誘導を進めている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below