Reuters logo
アジア市場で原油高、NY原油における商業玉の売り越し枚数に注視、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年3月21日 / 08:40 / 6ヶ月前

アジア市場で原油高、NY原油における商業玉の売り越し枚数に注視、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*17:37JST アジア市場で原油高、NY原油における商業玉の売り越し枚数に注視、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
米エネルギー情報局(EIA)が発表した10日までの週間在庫統計で原油在庫が10週間ぶりの減少となったことが材料視され、アジア市場で原油先物価格が上がっていますね。今日はこの原油市場についてレポートしますね。

松永さんによると、『CFTCから先週末に発表されたNY原油におけるファンドの買い越し枚数は、前週比7万4725枚減の43万3800枚となりました。ファンドの買い越し枚数は、ここにきて大幅減少となり、ようやくファンドの手じまい売りが本格化してきたようです』と伝えています。

一方で、『NY原油における商業玉(ヘッジャー)の売り越し枚数がいまだに45万枚もあることは気になります。主なヘッジャーである米シェール企業の多くがNY原油市場に大量にヘッジ売りしていることから、原油価格が更に下落しても、米シェール企業の増産傾向は止まらない可能性があります』と分析しています。

続けて、週間石油在庫統計については、『市場予想平均は、原油260万バレル増、ガソリン220万バレル減、ディスティレート130万バレル減です。製油所稼働率は、0.1%上昇の85.2%です。製油所稼働率は、2月に年間で最低となり、3月になれば上昇に転じる傾向があります。しかし、3月10日時点での製油所稼働率が昨年最低水準付近で推移しており、なかなか米エネルギー需要が活発化しないようです』と加えています。

今後も松永総研から原油市場についてもしっかりチェックしていきたいと思います。
上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の3月21日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター三井智映子




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below