Reuters logo
NYの視点:米医療保険改革代替案の下院採決の結果が今後の相場を左右
2017年3月22日 / 22:38 / 6ヶ月前

NYの視点:米医療保険改革代替案の下院採決の結果が今後の相場を左右


*07:28JST NYの視点:米医療保険改革代替案の下院採決の結果が今後の相場を左右
オバマケアに取って代わる医療保険改革法案に関する本会議採決が23日未明に予定されている。承認されなければトランプ政権にかなりのダメージを与える。医療保険制度改革法(通称オバマケア)の代替案が成立しなければ、市場関係者が最も期待しているインフラ支出や税制改革への取り組みも遅れることになり、国民や投資家を失望させ金融市場の更なる下落につながることになる。景気見通しにも影響を与えかねない。

トランプ大統領は公約しているオバマケアの撤廃を実現させなければ2018年の中間選挙で多くの議席数を失うことになるだろうと共和党議員に警告。同時に、反対姿勢を固持している「フリーダム・コーカス」のマーク・メドウ委員長も最終的には支持に回り案を最終的に可決できると強い自信を示した。

一方で、強硬派の下院共和党議員らで構成する「フリーダム・コーカス」は、改廃案が一層保守的な構想を反映するように修正されない場合は可決を阻止できるだけの票を押さえているとしていると強気。提示されている医療保険改革案に関し、ティーパーティー(保守派のポピュリスト運動)のランド・ポール氏など主要議員はメディケイド(低所得者向け医療費補助制度)を8800億ドル削減する案で今後10年間にわたり1400万人の国民が医療費補助制度の恩恵を失うことになると依然反対姿勢を維持している。代替案での歳出の削減幅も事前に予想されていたよりも小さいと指摘。共和党内の支持が十分ではなくこのままでは成立が危うい。一部では、23日の採決先送りの可能性も指摘されているようだが、現在のところ採決は予定通り実施されるようだ。採決の結果は今後の相場の行方を大きく左右させる可能性がある。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below