Reuters logo
NYの視点:医療保険制度改革代替法案による心理的ダメージ
2017年3月23日 / 22:34 / 6ヶ月前

NYの視点:医療保険制度改革代替法案による心理的ダメージ


*07:25JST NYの視点:医療保険制度改革代替法案による心理的ダメージ
金融市場は、米医療保険制度改革代替法案が果たして23日に予定されている下院採決で可決されるかどうかに注目している。可決に必要な共和党議員の十分な支持票が集まらなければ採決が延期される可能性も警戒されている。反対姿勢を固持していた共和党保守強硬派の下院議員連盟「フリーダム・コーカス」は依然態度を明確にしておらず、依然どちらに転ぶかわからない状況。もし、代替法案が成立した場合、トランプ政権がようやく税制改革やインフラ出動といった景気押し上げ策に取り組むことができるとの短期的な安心感が広がり、ドルや株式相場に新たな買いが向かう。

世界経済は回復に向かっている。米国経済も景気後退に陥るリスクはない。しかし、米医療保険制度改革代替法案の採決で見られるようにトランプ政権が掲げている政策を実施することにおいて多くの反対勢力が働き、時間がかかることを投資家はあらためて認識させられた。昨年11月の大統領選挙後のような熱狂的な相場を予想する市場参加者はもはや少なく、どちらかというと上昇局面を利食いのチャンスととらえ始めたようだ。



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below