Reuters logo
ヘルスケア改革断念で今後は米経済政策実現への動向に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年3月27日 / 03:10 / 7ヶ月後

ヘルスケア改革断念で今後は米経済政策実現への動向に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:04JST ヘルスケア改革断念で今後は米経済政策実現への動向に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。
先週の24日に、注目されていたオバマケア代替法案の米下院での採決は撤回されましたね。これを受けて、3/27付の「主要通貨デイリー」に関連記事が掲載されていますので、ご紹介しますね。

まず同法案撤回について、レポートでは、『同改革を事実上断念するという予想外の結果に終わっている。ヘルスケア改革は、トランプ大統領が選挙期間中から最優先課題と位置付けてきた目玉政策。それだけに、トランプ大統領の求心力低下と今後の政策運営に懸念を残す格好となった』と伝えています。

一方で、『トランプ大統領はヘルスケア改革に固執せず、今後は税制改革に取り組む意向を表明。オバマケアの存続を選択することで、ヘルスケア改革の遅れが税制改革の大幅な遅れをもたらすといった事態は回避される公算が大きくなったともいえる。財政中立を目指す共和党保守派との連携には依然不透明感が残るものの、法人減税や所得減税などの税制改革、インフラ投資といった経済政策の策定に期待をつなぐ格好になったといえよう』と分析しています。

そして気になる為替相場への影響については、『ムニューシン米財務長官は税制改革実現を目指す意向を示しているが、今回の結果を受けて改めて議会との調整は難航も予想され、今後の協議の行方が注目される。今後の展開次第では、当初見込んだ8月の議会休会前の政策実現からの後ずれ懸念が、ドルの上値を抑える可能性がある点には留意しておく必要があろう』との見解を述べていますので、今後の動きを注視しましょう。

詳しくは3/27付の「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。
また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。
花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below