Reuters logo
NYの視点:トランプ米政権、為替操作国への対処を検討
2017年3月30日 / 22:52 / 6ヶ月前

NYの視点:トランプ米政権、為替操作国への対処を検討


*07:45JST NYの視点:トランプ米政権、為替操作国への対処を検討
トランプ政権は通貨を人為的に安くし貿易において競争力を強めている諸国に対して、ペナルティを科す手段を模索していると一部メディアが報じた。トランプ政権は貿易政策において、「自由貿易」を維持すると同時に、より「公平な貿易」を目指し相手国と2国間協定を再交渉していく方針を示している。米国財務省、商務省、国家経済会議(NEC)、米国家通商会議(NTC)、米国通商代表部(USTR)からなるトランプ政権の経済チームは、中国を為替操作国と認定する従来の方法に代わる別の戦略を精査しているという。特に、貿易執行法「the Trade Enforcementand Trade Facilitation Act」に注目しているようだ。

前回の為替報告書によると、法規制(Trade Facilitation and Trade EnforcementAct of 2015)に従って、米国財務省は現時点で3つ全ての条件、クライテリア(1:対米国の貿易黒字が200億ドル以上、2:経常黒字がGDPの3パーセント以上、3:この1年間のネットの為替介入額がGDPの2パーセント以上)を満たしている国、経済は「無い」ことを確認した。しかし、6つの主要貿易パートナーはうち2つを満たしていることを確認。米国財務省の為替報告書の監視リストに、中国、日本、韓国、台湾、ドイツそしてスイスをあげた。

トランプ大統領は選挙公約で、大統領就任と同時に中国を為替操作国に認定すると表明。米財務省は4月半ばにも半期に一度の為替報告を議会に提出する予定。その直前4月6−7日に、トランプ大統領は、中国主席をフロリダ州にある大統領所有のリゾート施設「マーアーラゴ」に招待した。スパイサー報道官によると、両首脳は2国間について共有する問題を協議するといわれており、貿易、通貨問題も議題になると見られる。中国だけでなく、監視リストに挙げられている日本も標的とされるとの警戒感も根強い。米国が利上げペースを加速する可能性が高まる一方で、日本は金融緩和を当面維持する可能性が強く金利差拡大を見越したドル・円の先高感は根強い。しかし、米国の新たな貿易政策への警戒感が上昇を限定的としている。


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below