Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:トランプ大統領が尖閣は、日米安保条約第5条の適応範囲と
2017年4月5日 / 05:23 / 6ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:トランプ大統領が尖閣は、日米安保条約第5条の適応範囲と


*14:17JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:トランプ大統領が尖閣は、日米安保条約第5条の適応範囲と
民進・原口氏は「日米首脳会談でトランプ大統領が尖閣は、日米安保条約第5条の適応範囲であると認めた。別に新しいことでも何でもない。オバマ前大統領もクリントン元国務長官も言っていたことで今さら、何を言うのかと問い返すべきところだ。尖閣は我が国固有の領土であり施政権も領有権も我が国にあるのは自明だ。」とツイート(4/3)

米国側の基本姿勢は変わっていない。トランプ政権になって日米関係がより緊密になったわけでもなく、引き続き米国は慎重な姿勢で対応するとみられる。から、優先順位を上げて早急に議論すべきである。




《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below