Reuters logo
ドル円を左右する本日のイベント~米雇用統計、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年4月7日 / 03:02 / 6ヶ月前

ドル円を左右する本日のイベント~米雇用統計、SMBC日興証券(花田浩菜)


*11:58JST ドル円を左右する本日のイベント~米雇用統計、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

本日の日本時間21時30分、来週のドル円相場に大きな影響を与える米雇用統計が発表されます。また米中首脳会談も本日の午前6時から開始されており、こちらの内容も注目ですね。4/7付けの「主要通貨デイリー」にそれぞれのイベントに関する記事が紹介されていますので、ご紹介します。

まず米雇用統計について、同レポートでは『3月ADP民間雇用者数が前月比+26.3万人と市場予想(+18.5万人、Bloomberg調査)を大幅に上回ったこともあり良好な結果が期待される。ただ、ADP雇用が堅調だった分、市場の期待も高まっていると推測され、結果が市場予想(非農業部門雇用者数:+18.0万人)程度に留まるとドルへの失望売りを招く可能性がある点は留意が必要だろう』と伝えています。

また米中首脳会談に関しては、『米中首脳会談は、為替問題や通商問題など議題は多岐に及ぶが、北朝鮮を巡る地政学リスクが足元でにわかに高まっており、同国に対する両首脳の対応は特に注目される。米国による軍事行動の可能性も含め、東アジア情勢の緊張が高まる際は、金融市場は不安定な値動きを一段と強める可能性があり要注意だ』としています。

今後のドル円ついては『ドル円は3月下旬以降、重要なフシ目である110円割れを何度か試しているが、今のところ下回らずに推移している。同水準を維持できれば110円処で下値の堅さが確認される格好となり、ドル売り一巡から反発も期待されよう。ただ、110円処を割り込むとストップロスを巻き込んでドル安が加速する可能性があるだけに、上記の材料は要注目』との見解が述べられています。

詳しくは4/7付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜





《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below