Reuters logo
NYの視点:英国総選挙、EU離脱交渉への国内不透明感の払拭目指す
2017年4月18日 / 22:35 / 6ヶ月前

NYの視点:英国総選挙、EU離脱交渉への国内不透明感の払拭目指す


*07:32JST NYの視点:英国総選挙、EU離脱交渉への国内不透明感の払拭目指す
英国のメイ首相は2020年に予定していた総選挙を前倒しし、6月8日に実施する計画を発表した。保守党と共に労働党が総選挙実施の動議に賛成すれば、議会の3分の2を超え、6月の解散総選挙の実施が可能となる。

英国は3月末にリスボン条約50条を発動して、離脱する意向を欧州連合(EU)に正式通達してからまだ1ヶ月もたたない。EUとの交渉に向けて、今後5年間の政権基盤の強化を目標とする。現状、定数650の下院で、与党は330議席とわずかに過半数を維持しているものの十分ではなく、議席の増加を目指す。首相は議会、政治の混乱で離脱交渉を混乱させたくないと説明した。

最新の世論調査によると与党・保守党の支持率が最大野党を20ポイント以上上回っており、9年ぶりの大差。労働党の弱さを利用する。メイ首相は迷ったが、EUが英国に対し「いいとこどりはさせない」と断固とした姿勢を維持する中、政府がひとつにまとまるまたとない好機と、判断を下したことを明らかにした。

国際通貨基金(IMF)は2017年の英国の経済見通しを2.0%成長へ、1月時点の1.5%成長から引き上げた。IMFは日本や中国、ユーロ圏などの経済成長見通しも引き上げたが、引き上げ幅は先進諸国の中でも最大となる。2年間の交渉を控えて、依然貿易、移民などに関して不透明感は残る。しかし、昨年6月に国民投票でEU離脱が決定されて以降景気後退に陥ることも心配されていたが、英国経済の柔軟性が示されつつある。




《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below