Reuters logo
複数の中国経済指標が良好な内容、リスクオンの流れになるか?サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年4月19日 / 00:10 / 6ヶ月後

複数の中国経済指標が良好な内容、リスクオンの流れになるか?サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*09:06JST 複数の中国経済指標が良好な内容、リスクオンの流れになるか?サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

地政学リスクがマーケットに重くのしかかる中、中国の経済指標が好調です。17日に発表された中国のGDPや鉱工業生産指数、固定資産投資、小売売上高がともに市場予想を上回っているとのことなので、レポートしますね。

松永さんは中国の経済指標の数値について、『中国国家統計局から複数の経済指標が発表されました。1~3月のGDPは、前年同期比6.9%増&前期比1.3%増です。1~3月の中国都市固定資産投資は前年同期比9.2%増です。3月の鉱工業生産は前年同期比7.6%増となり、3月の小売売上高は前年同期比10.9%増となりました。そして、1~3月の不動産投資は、前年同期比9.1%増です』とまとめています。

中国の各経済指標の数値が好調であったことの今後の影響については、『昨日早朝の北朝鮮によるミサイル発射実験を受けてリスクオフの流れが強まりましたが、本日(17日)発表された複数の中国経済指標が良好な内容であったことから、後場からリスクオンの流れが強まる可能性もあります』と分析されています。

18日から開始される日米経済対話では、『2月の米中首脳会談で創設が決まった「金融や税財政などの経済対策」や「エネルギーやインフラ分野などでの経済協力」、「貿易・投資ルール」の3つのテーマについて協議される予定』とのことですが、こちらについては『現時点ではまだ枠組み程度の話し合いに留まり、市場開放や2国間貿易不均等の是正にまでは深く立ち入らないとの見方が有力のようです』と伝えています。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の4月17日付「後場市況1、2」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below