Reuters logo
英国の総選挙実施という新たなイベント、SMBC日興証券(花田浩菜)
2017年4月19日 / 03:30 / 5ヶ月前

英国の総選挙実施という新たなイベント、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:26JST 英国の総選挙実施という新たなイベント、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

ドル売り円買いの動きが続く為替市場ですが、英ポンドはメイ首相が解散総選挙実施の意向を表明した後急上昇していますね。4/19付けの「主要通貨デイリー」では、英国総選挙が今後の為替市場にどう影響するか考察されていますのでご紹介します。

同レポートではまず、昨日のメイ首相による総選挙実施の意向表明について、『最近の世論調査でEU離脱支持が残留を上回っていること、労働党もBrexit自体を否定していないこと等を踏まえると、Brexitそのものを改めて問うというより、誰がBrexitの交渉を行うのかを問う選挙という位置づけとなろう。4月半ばの世論調査では、保守党の支持率は労働党に20%pt以上の差をつけており、現時点では保守党が議席を伸ばしてメイ首相は強力なリーダーシップを付託されることが見込まれる。英ポンドも、これらを好感して昨日急騰した』と紹介しています。

続けて、『ただ、総選挙まで約50日もある。昨年は世論調査に反する結果が続いたこともあり予断を許さず、欧州政治イベントで不透明材料が一つ加わった格好だ。ドル円の観点からは、仏大統領選を無難に通過できればリスク回避モードの後退からドルは底堅さを増すことが期待されていたが、新たなイベントが加わったことで、リスク選好色の回復時期はやや後ずれする可能性が出てきたといえよう』と分析しています。

詳しくは4/19付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below