Reuters logo
リビアのシャララ油田が操業再開で原油が1バレル50ドル割れ サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2017年4月28日 / 11:55 / 5ヶ月前

リビアのシャララ油田が操業再開で原油が1バレル50ドル割れ サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*21:38JST リビアのシャララ油田が操業再開で原油が1バレル50ドル割れ サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
 

フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日は原油市場についてレポートします。

まず、レポートでは『リビア国営石油会社のサナラ会長は27日、日量30万バレルの生産能力を誇る同国主要油田であるシャララ油田が操業再開したことを発表しました。また、日量9万バレルの生産能力のエルフィール油田も操業再開しました。武装グループによるパイプラインの封鎖が解除されたことにより操業再開となりました』と伝えています。

これを受けた原油市場について、『NY原油の電子取引は、リビアのシャララ油田の操業再開に圧迫されて一時48.2ドル付近まで下落しましたが、現在は49.3ドル付近まで上昇しており、昨日15:15時比で0.1ドル安です。1カ月ぶりの安値を付けたことで、値ごろ買いが入って安値から戻したようです』と分析しています。

また、『内戦で産油量が激減したリビアとナイジェリアは、情勢が安定すれば、かなりの増産が可能となります』として、リビア政府が生産目標を『「8月末までに最大で日量110万バレルまで引き上げる」』と発表していること、またナイジェリアが『年初からの2か月間で日量75万バレルほどの増産を実施』したことなどが紹介されています。

5月の原油市場における注目のイベントは、5月3日のトランプ大統領とアッバス議長との会談と、5月25日のOPEC総会です。特にOPEC総会で協調減産が延長されるか否かによって原油価格が大きく動く可能性もありそうです。来月もしっかりチェックしてまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の4月28日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子




《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below