Reuters logo
【中国】「戦う準備必要」、北朝鮮問題で中国紙が異例の社説
2017年4月30日 / 08:49 / 5ヶ月前

【中国】「戦う準備必要」、北朝鮮問題で中国紙が異例の社説


*17:43JST 【中国】「戦う準備必要」、北朝鮮問題で中国紙が異例の社説
北朝鮮が6回目の核実験に踏み切る可能性がある中、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の「環球時報」は22日、「戦争迎える準備が必要」とする内容の異例の社説を掲載した。「中国が戦う覚悟をしてこそ、米国と北朝鮮が中国を苦しめることはなくなる」と訴えている。

「環球時報」の社説は、トランプ米大統領の発言を意識したもの。トランプ大統領は21日、「中国が北朝鮮の経済的命脈を握っている。困難ではあっても、中国が朝鮮半島の問題を解決できる」とツイッター上でコメントした。

これに対して「環球時報」は、「中国が非常に困難な局面に直面している」と指摘。「われわれが平壌に何か言っても、彼らは聞かない。双方に一時手を引くよう訴えても、ワシントンとソウルは従わない。北朝鮮の核問題に対する中国の主張は、影響力を持っていない」と反論している。

「環球時報」はその上で、「中国が戦争に反対するだけでは意味がない。戦争を迎える準備をしてこそ、北朝鮮、米国ともに北京の主張を尊重するようになる」とした。さらに「武力による北朝鮮の政権転覆と朝鮮半島統一を中国は許さない。北京はこの点を、ワシントンとソウルにはっきりと説くべきだ」と主張した。

【亜州IR】


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below