Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・大串氏:共謀罪は広範な適用範囲によってプライバシーと表現の自由の制限につながる可能
2017年5月23日 / 06:21 / 5ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進・大串氏:共謀罪は広範な適用範囲によってプライバシーと表現の自由の制限につながる可能


*15:13JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・大串氏:共謀罪は広範な適用範囲によってプライバシーと表現の自由の制限につながる可能
大串政務調査会長は23日定例記者会見を国会内で行い、共謀罪法案などについて発言した(以下は民進党広報局が公表した資料による)。共謀罪法案について大串氏は、「政府は国連に採択された条約を締結するためには共謀罪は必要だと言ってきたが、その国連の方から安倍総理に書簡を送っていた。共謀罪は広範な適用範囲によって、プライバシーと表現の自由の制限につながる可能性があるという懸念だ。」と指摘した。大串氏の見解によると、もともと国連の活動と日本政府の活動を整合させるためにやっていることであるはずだが、国連側から異論が出ており、共謀罪法案の内容は本来あるべき姿ではない疑いが強いとみられる。法案は本会議で強行採決される可能性が高いとみられているが、国連側が新たな対応を見せる可能性は残されている。




《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below