Reuters logo
NYの視点:エコノミスト、政府の成長見通しに懐疑的
2017年5月23日 / 22:47 / 4ヶ月前

NYの視点:エコノミスト、政府の成長見通しに懐疑的


*07:43JST NYの視点:エコノミスト、政府の成長見通しに懐疑的
トランプ政権が22日夜、2018会計年度の米予算教書を発表した。歳出を3.6兆ドル削減するスリムな予算案となった。主に低所得者向けの医療費の補助を見直すことや、国務省と環境保護局の予算を大幅に削減していく方針。

低所得者向けの医療費補助、政府が生活保護者に発行するフードスタンプなどは1929年の大恐慌以来の水準にまで膨らんだ。この見直しで歳出削減のほぼ半分1.7兆ドルの歳出を縮小していく。小さな政府を目指すトランプ政権は、大きな政府を柱としたオバマ前政権の財政政策から180度政策転換する。

また、トランプ政権は、個人や法人の税率を大幅に引き下げることが可能だと考えている。政府は法人税を15%へ引き下げるほか、個人の税率を現7段階から3段階へ減らす。税制改革案に関しての追加情報は含まれなかったが、3%成長を実現する鍵となると指摘した。国防費増額、インフラ投資に加えて、10月に終了する2017年度予算で見送られたメキシコ国境の壁建設費用も含まれる。

これに対し、多くのエコノミストが、大幅な減税でも3%成長目標達成に懐疑的。高齢化や生産の低迷で、3%成長達成は困難と見ている。米連邦議会予算事務局(CBO)の成長見通しは1.9%にとどまっている。大統領が雇用の創出や税制改革に焦点をあてることは正しいが、政策や財政案で現実的でない成長見通しに依存すべきではないとの批判もある。

歳出の大幅削減と速やかな成長で対GDP比での赤字は2027年までに均衡すると、行政管理予算局(OMB)のミック・マルバニー局長は説明。マルバニー局長は記者団に、「予算案では、持続的な3%成長に焦点をあてている、3%がニューノーマルとなる」と訴え、3%成長は楽観的すぎず、「初めての財政均衡する予算案だ」と主張。さらに、トランポノミクスは持続的な3%成長を意味すると言い切った。

エコノミストが成長見通しを過小評価しているのは、米国や経済への悲観的な見方を前提としているからだと主張。政府はこういった悲観論を否定、3%成長は非現実だとは思わないと見通し、予算案を擁護した。米国経済に関して、市場は現状で慎重ながら楽観的に見ているようで、ドルの一方向の下落は予想しにくい。



《HT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below