Reuters logo
韓国の文大統領「核の挑発やめれば」対話の可能性 米は融和策に否定的
2017年6月19日 / 03:21 / 3ヶ月前

韓国の文大統領「核の挑発やめれば」対話の可能性 米は融和策に否定的


*12:18JST 韓国の文大統領「核の挑発やめれば」対話の可能性 米は融和策に否定的
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月15日、南北共同宣言を記念する行事に出席、平和統一を目指すことを掲げる南北合意を引き継ぐとした。いっぽう、融和路線を示した文政権の方向性に、米国務省は否定的だ。


 文大統領は15日、ソウルで開かれた6.15南北共同宣言17周年記念式に出席。祝辞にて、それぞれ北朝鮮の故・金正日総書記との首脳会談で行われた、金大中政権の6.15共同宣言(2000年度)、盧武鉉政権の10.4宣言(2007年度)の南北合意は、「北朝鮮が核とミサイルの挑発を止めれば、条件なき対話ができる」と継続する意向を示した。


 これについて、米国務省のナウアート報道官は15日(現地時間)の定例会見で、「米国が対話に係るには、北朝鮮が非核化に乗り出さなければならない。しかし、北朝鮮は今そうするとは考えられない」と、現段階での対話の実現性を否定した。


 青瓦台(韓国大統領府)は13日、記者会見を開き、文在寅大統領が6月28日から7月1日まで訪米し、トランプ米大統領と初の米韓首脳会談を行うと発表した。


 専門家は、1994年の「朝鮮半島・核危機」に金泳三大統領が米国クリントン政権を説得して、南北関係の緊張を緩和させた例のように、今回の会談では、文在寅大統領がトランプ政権を説得し、北朝鮮の核問題を解決しようすると分析した。

(翻訳編集・齊潤)

記事提供:大紀元
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below