Reuters logo
米元国務省職員、中国に極秘情報漏えいで起訴
2017年6月24日 / 03:20 / 4ヶ月後

米元国務省職員、中国に極秘情報漏えいで起訴


*12:14JST 米元国務省職員、中国に極秘情報漏えいで起訴
 米司法省22日の発表によると、中国の諜報員に極秘情報を売り渡した疑いと、取り調べで虚偽の供述をしたとして、米国務省・外交保安局の元特別捜査官を「スパイ防止法」違反で起訴した。有罪判決が下った場合、最高で終身刑か死刑を言い渡される可能性があるという。米ABCニュースなどが報じた。


 60歳のケビン・マロリー(KevinMallory)氏は5月、米連邦捜査局(FBI)の取り調べに対し、中国政府系シンクタンク・上海社会科学院に所属する男性2人から文書を転送するための通信機器を受け取り、報酬として2万5000ドル(約280万円)を受け取ったと報じられている。


 マロリー氏は今年4月に中国・上海から帰国した際、シカゴ・オヘア空港で手荷物から現金1万6500ドル(約180万円)を無申告で所持していたため、税関でで質問を受けていた。


 AFP通信によると、FBIが通信機器を分析した結果、マロリー氏により中国側へ渡された文章のうち少なくとも3部は「防衛情報」に関する極秘情報だという。 


 マロリー氏は中国の諜報員に送ったショートメッセージで「お前たちの目標は情報を得ることだ。私はお金を報酬を得ることだ」と伝えていた。中国側は政府関係の仕事に再び就くようにマロリー氏を強く説得していたという。


 流暢な中国語を話せるマロリー氏は、米国内のほかに、中国や台湾、イラクなどで働いたことがある。米陸軍から退役した後、1987年から1990年にわたって米国務省の外交保安局で務めており、米国家安全に関わる機密文書を扱っていた。同氏は多くの政府部門への転勤を経て退官した。その後も、国防総省から仕事を請け負っていた。現在はコンサルティング会社を経営している。

(翻訳編集・王君宜)



【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below