Reuters logo
ビットコインに関連する詐欺事件が増加
2017年6月27日 / 05:52 / 3ヶ月前

ビットコインに関連する詐欺事件が増加


*14:47JST ビットコインに関連する詐欺事件が増加

インドの司法当局は、ビットコインに関係するサイバー犯罪が「より頻繁に」なっていると述べている。
現地の報道機関であるMailTodayの報道によれば、「シニア犯罪支部職員」と特定された広報担当者は、「ビットコイン詐欺の増加は、デジタル通貨を受け入れている、多くの合法的な企業に関連している」と述べたという。
「ビットコインに関連する詐欺事件はますます頻繁に起こっている」と述べてもいる。
「これは、多くのグローバル企業がデジタル通貨を受け入れ始めているからである。ビットコインは多くの新しい投資家を魅了している。しかし、ビットコインの投資の人気が高まるなかで、詐欺師たちは不正行為を行っている」と述べている。
MailTodayは、ビットコインのマイニング事業を運営していると主張しているオンライン詐欺師らに騙されて、85万ルピー(1万2750米ドル)を失ったというデリのビジネスマンたちの言い分の裏づけ調査を行った。
その報道によると、その詐欺師は、「今後6カ月以内に、10ビットコインが2倍に増えることを保証すると約束した」そうである。
その犠牲者は、デジタル通貨がインドの法律では非公認ということもあって、その事件を警察には通報しなかった。
一方、この間、ビットコイン・エコシステムの統計をみると、ビットコインの合法的な活用は、不十分な通貨改革の処理の影響を感じながらも、経済のなかでは活況を呈し続けていることを示唆している。
出典:Cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below