Reuters logo
米国務省、台湾への武器売却案を発表 
2017年7月1日 / 05:43 / 3ヶ月前

米国務省、台湾への武器売却案を発表 


*14:40JST 米国務省、台湾への武器売却案を発表 
 米国務省は29日、トランプ政権では初となる台湾への武器売却案を議会に通知した。総額14.2億ドルで、議会の承認を経て実施される見通し。


 一部の報道によると、売却の対象は対レーダーミサイル、魚雷、スタンダード・ミサイルSM—2、旧型早期警戒レーダーへの技術サポートなど7項目。


 米国務省のナウアート報道官は、武器売却は台湾関係法に基づき「台湾の十分の自衛能力を支持するため」とし、米国の従来の「一つの中国」政策が変わらないと述べるなど、中国政府の理解を求めた。


 中国外交部はただちに「断じて反対する」と表明。台湾総統府は翌30日、トランプ政権に感謝の意を示した。


 米議会与野党議員はこれまでに、トランプ大統領に対して対台湾武器売却を要請してきた経緯がある。


 オバマ政権下で行われた前回の武器売却は18.31億ドル。米海軍で退役となったフリゲート艦2隻や対戦車ミサイル、水陸両用強襲車両、地対空ミサイルなどが含まれた。


 一方、台湾に関するもう一つ大きな動きがあった。武器売却発表の前日、米上院軍事委員会は、台湾への米軍艦の寄港を許可する法案を可決した。台湾は中国の一部だとする「一つの中国」政策が1979年に成立して以来のことで、法案が下院で通過すれば成立する。中国政府の激しい反発が予想される。

(翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below