Reuters logo
【中国】「洋ゴミ」密輸が横行、監督メカニズムに不備
2017年7月2日 / 13:56 / 3ヶ月前

【中国】「洋ゴミ」密輸が横行、監督メカニズムに不備


*22:51JST 【中国】「洋ゴミ」密輸が横行、監督メカニズムに不備
中国の各地方当局は現在、「洋ゴミ」の密輸グループ摘発に力を入れている。「洋ゴミ」とは、海外から中国に持ち込まれる廃棄物のこと。ただ、摘発には関連部門間の緊密な連携が必要になるため、当局の意気込みほど結果が出ていないのも事実だ。北京晨報が伝えた。

「洋ゴミ」の密輸が後を絶たないのは、それによる「利益分配構造」が完全に出来上がっているため。密輸業者は海外で古着や廃プラスチックなどの廃棄物を調達し、正規リサイクル業者の名前を借りて中国に輸入。国内で売りさばき、利益を得ている。例えば古着の場合、数人民元で仕入れたものが十数人民元で売れるという。広東省で今回摘発されたグループの密輸総額は、累計で10億人民元(約162億円)にも上っていた。

しかし、「洋ゴミ」の管轄部門は、税関・検疫から環境保護、商務関係まで各方面にわたり、連携が難しいのが現状。許可証を持った業者によって輸入された廃棄物が実際に当該業者の工場で加工されているかどうかを把握することは難しいという。


【亜州IR】


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below