Reuters logo
コスト削減の新境地 南米LCC、全機で立ち席の導入を検討
2017年7月2日 / 09:20 / 3ヶ月前

コスト削減の新境地 南米LCC、全機で立ち席の導入を検討


*18:13JST コスト削減の新境地 南米LCC、全機で立ち席の導入を検討
 コロンビアの格安航空会社(LCC)であるビバコロンビア(VivaColombia)は、乗客数を増加するため、保有全機で「立ち席」の導入を検討している。英紙テレグラフが6月27日報じた。


 伝えられるところによると、総裁のウィリアム・ショー(WilliamShaw)氏は「以前から、立ち席の可能性は研究されている」とし、「コストを抑える様々な試みに興味がある」と述べ、立ち席の導入に積極的な姿勢を示した。


 早くも2003年から「立ち席」を開発する航空会社はあったが、安全性の懸念により、日の目を見ないままだった。当時の研究によると、「立ち席」導入で機内空間を約25%削減できるという。


 イギリス民間航空局(CAA)のスポークスマンのリチャード・テイラー(RichardTaylor)氏は、「立ち席の実現には航空機製造メーカーの協力を得て、さらに航空局の審査を受ける必要がある。100%の安全が確認されるまで、実現は不可能だ」と話し、盛り上がる話に水を差した。


 LCCは乗客数増加やコスト削減のためにユニークな策を見出している。2010年、アイルランドのLCC大手ライアンエアーのマイケル・オライリー(MichaelO’Leary)社長は、「飛行機にシートベルトはあまり必要がない」とし、「飛行機はただ翼のある大型バスのようなもの。もちろん事故は起きなければ一番良いが、万が一起きたらシールベルトがあっても助けられない」と発言した。

(翻訳編集・王君宜)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below