Reuters logo
2年連続!日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに決定
2017年7月4日 / 03:58 / 3ヶ月前

2年連続!日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに決定


*12:49JST 2年連続!日本最安コストで外貨を使えるプリペイドカードに決定
8732株式会社マネーパートナーズ【関東財務局長(金商)第2028号】は、「マネパカード」が、2016年調査に引き続き、2017年も「外貨が使えるプリペイドカードにおける海外ショッピング利用時コスト比較」において、日本最安でサービス提供しているという結果を獲得した。

■最大90%OFFの海外ショッピング利用時手数料で、今年も日本で1番得なプリペイドカードに

外貨が使えるプリペイドカードを発行している事業会社6社が共通して取り扱う「米ドル」「英ポンド」「豪ドル」「ユーロ」の4通貨における海外ショッピング利用時の両替コストを比較した調査において、マネーパートナーズが最大84~90%安いコストでサービスを提供している結果となった(矢野経済研究所が実施した「外貨が使えるプリペイドカードコスト比較調査」、調査期間:2017年5月17日~18日)。

■マネパカードとは

日本でも海外でも使える、マルチカレンシー(複数通貨に対応した)の海外プリペイドカード。
マネパカードは日本円だけでなく、「米ドル」「ユーロ」「英ポンド」「豪ドル」「香港ドル」の合計6通貨をチャージすることが可能で、世界210の国と地域で利用できる。さらに、カードとして利用するだけでなく、海外のATMで現地通貨の引出も可能だ。



【ニュース提供・エムトレ】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below