Reuters logo
貴州ガスパイプライン爆発 住民「死傷者1000人規模では」と国営メディア報道否定
2017年7月4日 / 13:24 / 3ヶ月前

貴州ガスパイプライン爆発 住民「死傷者1000人規模では」と国営メディア報道否定


*22:16JST 貴州ガスパイプライン爆発 住民「死傷者1000人規模では」と国営メディア報道否定
 中国貴州省で2日に起きたガスパイプラインの爆発では、高さ300~400メートルもの炎が立ち上った。中国当局は被害は8人死亡、35人が負傷としているが、現地住民らのなかには、死傷者は「1000人規模」ではないかと話すものもいる。被災地では住民たちが避難を余儀なくされている。


 伝えられるところによると、爆発は貴州省黔西自治州の晴隆県で2日午前に発生。同地では連日の豪雨に見舞われ、地盤沈下が発生し、地下をめぐるパイプラインが圧迫されて亀裂が生じた。ここからガス漏れが起こり、何らかの原因で引火したという。


 パイプラインは、中国石油天然ガス集団(シノペック、CNPC)が管理している。

■パイプライン爆発の周辺住民 死傷者多数か


 7月3日、大紀元メディアグループのラジオ放送「希望の声(VOH)」中国語の取材に答えた、現場近くに住む住民は、爆発が発生した場所の周辺では大勢のケガ人が出ていると述べた。


 「はっきりした人数はわからないが、おそらく1000人ほどの負傷者がいる。なかには、もう死んでいる人もいるかもしれない。晴隆県の病院や、隣の普安県の病院へ運ばれていた」「爆発は複数回あり、数時間におよび燃えていた」という。


 避難のため移動中の住民の話では、爆発が起きた場所は「近くに大型燃料貯蔵庫(油庫)があり、そのパイプラインも燃焼中の場所に近い」ため、事故現場周辺のほとんどの住民たちは、さらなる爆発を恐れて、近隣の村や町へ避難しているという。


 「火災発生の地点から遠く離れていても、かなり熱気を感じた」と住民は明かした。


 VOHの取材に対し、晴隆県病院は、この事故で搬送された負傷者の数を明かすことを拒んだ。

(翻訳編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below