Reuters logo
福岡県と大分県で 台風第3号と梅雨前線による被害
2017年7月6日 / 12:12 / 3ヶ月前

福岡県と大分県で 台風第3号と梅雨前線による被害


*21:04JST 福岡県と大分県で 台風第3号と梅雨前線による被害
 5日から、九州北部で記録的な豪雨による浸水や孤立など被害が多発している。台風3号と西日本の梅雨前線の影響で、5日に中国から九州北部で局地的に猛烈な雨が降った。とくに福岡県と大分県では、ところにより24時間雨量が500mmを超える記録的な豪雨となり、家屋倒壊などの被害がでている。


 福岡県の東峰村については、土砂崩落で、村に至る全ての道路が遮断され、村が孤立する状況が継続している。福岡県東峰村では「家屋2軒が流された」などの情報がある。


 政府によると、これまでに朝倉市では「子供が川に流された」「県土木事務員3人と連絡がとれない」「自宅が流され両親と連絡がとれない」、また大分県日田市では「家屋2階に人が取り残されている」など、他数多くの安否不明に関する情報があるという。


 政府は、福岡県、大分県、被災市町村と緊密に連携し、被害者の救命・救助、被害情報の把握に取り組んでいる。6日朝から警察・消防・自衛隊、約7500人の態勢で、被災者の救命・救助を始め、災害応急対策に当たっている。また、ヘリ40数機が天候回復次第、活動できるように待機している。


 また道路が遮断されている地域は、道路の復旧活動が進められており、開通次第、部隊による捜索救助活動を始める予定。被害の状況に応じて、更に態勢を拡大するという。


 政府は3日に官邸危機管理センターに設置した情報連絡室を、官邸連絡室に改組し、関係閣僚会議を開催して対応を協議。福岡、大分の両県に、政府職員による情報先遣チーム2隊を派遣し、情報収集と被災自治体と緊密に連携し、政府として、現地が必要とする対応をとるとしている。


 気象当局によると、引き続き、局地的に大雨が降るおそれがあり、福岡県と大分県に、大雨特別警報が発令されている。被災地の人々へは「自治体からの避難に関する指示等に従い、冷静そして速やかに避難して身の安全を確保」「大雨や河川の状況等に関し、テレビやラジオ、国・自治体からの最新の情報に注意を払ってほしい」と警戒を促している。

(編集・甲斐天海)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below