Reuters logo
米トランプ大統領と露プーチン大統領が初会談 予定時間を大幅延長=G20期間中
2017年7月8日 / 03:15 / 2ヶ月前

米トランプ大統領と露プーチン大統領が初会談 予定時間を大幅延長=G20期間中


*12:11JST 米トランプ大統領と露プーチン大統領が初会談 予定時間を大幅延長=G20期間中
 G20開催中のドイツ・ハンブルグで7月7日、米ドナルド・トランプ大統領と、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は初めて会談した。米NBCによると、予定していた30分よりも大幅に延長して話し合いが続いたと報じられている。


 ロシア国営メディアRTが公開した動画によると、米ロ首脳会談が始まる前のあいさつで、トランプ氏は次のように述べた。「私たちは非常に良い(電話での)会話を何度か行ってきた。今後も、(良い内容が)続くはずだ。ロシア、米国、そして関係するすべての人々にとって、非常に肯定的なことが多くなるのを楽しみにしている」。


 両者の握手の後、プーチン大統領は「私たちは電話で話してきたが、決して十分ではなかった。個人的には、あなたに会うことができて嬉しく思っている。会議がポジティブな結果をもたらすよう希望する」と述べた。


 2人はこれまで、シリア、ウクライナ、北朝鮮など外交政策の分野で反対の立場を示してきた。


 バラク・オバマ前大統領は、プーチン大統領との関係が悪化していたことを認めており、トランプ大統領は選挙前から、米ロ関係の立て直しを示唆してきた。しかし、米ホワイトハウス内のロシアに対する根強い懐疑論により、これまで両国の目立った改善は見られない。


 米国の情報当局者は、2016年11月の米大統領選挙でトランプ氏の当選を支援する形で、ロシアが大規模なハッキングを指揮したと繰り返し主張している。トランプ氏はこれについて明確な回答を出していない。


 彼らの最初の座談会は非公開で約30分間だが、予定していた30分よりも大幅に延長されたと報じられている。同日朝、米ティラーソン長官とラブロフ外相が1時間会談している。

(翻訳編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below