Reuters logo
米国、THAAD試験を近日実施か
2017年7月10日 / 13:12 / 2ヶ月前

米国、THAAD試験を近日実施か


*22:09JST 米国、THAAD試験を近日実施か
 米国は近日中に、中距離弾道ミサイルに対する高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を試験する。7月7日、ロイター通信に米国の情報筋2人が明かした。


 情報筋によると、この計画は数カ月前に計画されていたもの。しかし、7月4日に北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験で、米国の防衛において重要性が高まった。また、今回はアラスカに配備されるTHAADで試験する予定だという。中距離弾道ミサイル(IRBM)に対応させるの試みは初めて。


 中距離弾道ミサイルは3,000〜5,500kmを飛行範囲とする。北朝鮮から発射されれば、米国西海岸には到達しないが、アラスカまで攻撃が可能となる。一部の米国の専門家は、7月4日に北朝鮮がテストしたミサイルは、同地まで届く可能性があると指摘している。


 北朝鮮などからのミサイル攻撃を防ぐために、米国軍は、グアムにTHAADと迎撃機を配置している。同情報筋によると、米ミサイル防衛当局は「7月初旬にTHAADの飛行試験を実施することを目標としていた」と明かした。


 北朝鮮がミサイル実験を活発化させて以来、米国は、日本と韓国とともに、ミサイルシステム試験や爆撃機の共同訓練を行っている。

(文・英文大紀元PetrSvab/翻訳編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below