Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進:あべともこ氏:平成25年7月に設置許可申請が出ているが難関が少なくとも3つ
2017年7月11日 / 05:23 / 3ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進:あべともこ氏:平成25年7月に設置許可申請が出ているが難関が少なくとも3つ


*14:16JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進:あべともこ氏:平成25年7月に設置許可申請が出ているが難関が少なくとも3つ
民進・あべともこ氏は「今日は原子力特別委員会の視察で北海道泊原発に。平成25年7月に設置許可申請が出ているが難関が少なくとも3つ。まず地形そのものが地震による隆起の可能性、重要施設直下の破砕帯の活動性有り?更に防潮堤が液状化で倒れる可能性等々、難題山積。」とツイート(7/11)

今年3月時点で原子力規制委員会は、北海道電力泊原発の立地する積丹半島が過去の地震で隆起した可能性を否定できないと指摘していた。原発近くの海底に活断層があると認定しており、耐震評価の見直しを同社に求めていた。北海道電力は泊原子力発電所の再稼働を1-3号機同時に申請する方針を固めており、新たな規制基準に適合しているか確認し、新基準が施行される7月中にも申請することになっている。泊原発の停止が同社の収益を圧迫しているとみられているが、北海道は冬期に電力需要のピークを迎えることから、同社は全3基の早期再稼働を目指している。ただし、あべともこ氏が指摘しているように、3点の問題点が指摘されていることから、耐震評価を大幅に見直すことなどが最低限必要になるが、常識的に考えて3基の再稼動は極めて困難か。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below