Reuters logo
人のことを思えばこそ 寿命を延ばした君主
2017年7月11日 / 23:29 / 2ヶ月前

人のことを思えばこそ 寿命を延ばした君主


*08:23JST 人のことを思えばこそ 寿命を延ばした君主
 春秋時代のお話です。宋という国に宋景という君主がいました。当時、この国では珍しい天象が観測され、人々は天変地異が起こるのではないかと非常に心配していました。宋景は天文学の専門家である子韋(しえい)を宮殿に呼び、天象を占うよう命じました。


 子韋は言いにくそうに、口を開きました。「王様、これは王様ご自身に災難が降りかかることを暗示しています。災いをなくすことはできませんが、せめて他の人に移すことはできます。宰相の身に移してはいかがでしょうか」


 宋景は首を振りました。「宰相は非常に才能があり、国にとってなくてはならない人物だ。災いが消えぬなら、私が死をもって国を助けよう」


 「それでは、一介の百姓の身に移してはいかがでしょうか。それでも、災難を回避することができます」


 「庶民を殺すなど、君主である私にできると思うのか?それなら、私が身を持って災いを受ける」


 「それでは、農作物に移すこともできます。来年は凶作とするのはどうでしょうか」


 宋景は、青筋を立てて怒りました。「もし凶作となれば、人々は飢えで苦しむではないか。自分が助かるために人々を殺すなど、私は君主でいられるはずがない。きっと、私の命は尽きる運命なのだ。これ以上、何も言うな」


 すると、子韋は微笑みながら、ひざまずいて宋景に言いました。「王様、心よりお祝いを申し上げます。天は、王様の慈悲のお言葉を3回聞きましたので、3回の善報を授けて下さいます。王様の命は21年間、延ばされるでしょう」


 その日の夜、不吉だった天象が変わりました。そして、宋景の寿命も子韋の予言通り延長されたのです。


 中国には、「天・地・人」という言葉があります。天象の変化は、国と人の運命を暗示しているのかもしれません。しかし、人間の意志で天象を変え、未来を変革することも可能なのです。

(翻訳編集・郭丹丹)

【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below