Reuters logo
巨大なキャベツを育てた9歳の小学生 全国100か所の菜園を持つ女性に成長
2017年7月13日 / 23:04 / 2ヶ月前

巨大なキャベツを育てた9歳の小学生 全国100か所の菜園を持つ女性に成長


*07:56JST 巨大なキャベツを育てた9歳の小学生 全国100か所の菜園を持つ女性に成長
 全米で100か所以上の菜園を経営するケイティ・スタグリアーノ(KatieStagliano)さん(18)はサウスカロライナ州では有名だ。彼女の菜園「ケイティの作物(Katie’sKrops)」ではボランティアの子供たちが野菜を育て、収穫後に調理された料理は無償で恵まれない人々にふるまわれている。


 ケイティさんがボランティアに目覚めたのは、9歳のとき。自分で育てたキャベツが重さ18キロになるまで成長し、それで275人分のキャベツ・スープをまかなうことができた。スープを調理したのは、「スープキッチン」というホームレスを援助する団体。自分が育てた作物が多くの人々を助けると知った彼女は、さらに野菜を育てて寄付したいと考えた。こうして彼女の菜園プロジェクトがスタートした。


 ケイティさんは月に一度、収穫した新鮮な野菜を調理し、無償で教会に集まった人々に振る舞う。「子どもや病気の人も含めて、新鮮でヘルシーな野菜を食べることは、とても重要です」と語る。


 「(ヘルシーな野菜を与えることで)他人の生活を向上させることができます。その影響は想像もつかないほど大きいし、たくさんの人を助けることができるのです」


 彼女の思いと積極的な行動に励まされて、全米各地の9〜16歳の小、中学生が菜園プロジェクトに続々と参加した。子供たちは自ら種を植えて、野菜を育てることを体験する。そして、収穫した新鮮な野菜は、それぞれの町に住む必要な人たちに分け与えられる。


 自宅の裏庭でキャベツを育てることから始めたケイティさんは、今や100か所もの菜園を経営する女性に成長した。彼女は、大きなことでも小さなことでもいいので、やりたいことがあれば何でも始めた方がいいと話す。今の彼女の夢は、全国50の州に500か所の菜園を作ること。目標は高いかもしれないが、皆と協力していけば、必ず大きな影響をもたらすはずと話している。



(翻訳編集・豊山)



【ニュース提供・大紀元】



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below