Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・蓮舫代表:九州北部の豪雨災害、現地対策について各省からヒアリング
2017年7月14日 / 11:50 / 2ヶ月前

政治から読み解く【経済と日本株】民進・蓮舫代表:九州北部の豪雨災害、現地対策について各省からヒアリング


*20:41JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・蓮舫代表:九州北部の豪雨災害、現地対策について各省からヒアリング
民進・蓮舫代表は「九州北部の豪雨災害を受けて党の対策本部を開き、内閣府、国交省、総務省、厚労省、農水省、環境省、文科省等から現地対策についてヒアリングしましたが、地元自治体との細やかな連絡を経た迅速な対策のために、まずは縦割り行政をなくすこと。今夜から大分へ。明日は福岡へ伺います。」とツイート(7/14)

安倍首相は12日、大分、福岡両県を訪れ、九州北部集中豪雨の被災現場を視察。首相は記者団に対し、被災自治体の財政負担を軽減するための「激甚災害指定を一刻も早く行いたい」と伝えた。地方交付税の繰り上げ交付を13日に決定して復旧・復興を急ぐ方針も示した。

激甚災害の指定を受けた自治体は、道路や河川、農地の復旧事業に対する国庫補助率が1-2割程度引き上げられる。安倍首相は「国と自治体が一緒になって最短で作業を進める。自治体が財政面でちゅうちょなく復旧・復興に取り組めるよう全力で支えていく」と強調した。総務省によると、大分、福岡の両県で5市町村に総額23億7600万円の地方交付税が繰り上げ支給される見込み。この資金を最大限に有効活用することが地方自治体に求められる。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below