Reuters logo
NY金:反発で1295.0ドル、米雇用指標悪化で買いが強まる
2014年7月11日 / 02:25 / 3年前

NY金:反発で1295.0ドル、米雇用指標悪化で買いが強まる


*07:03JST NY金:反発で1295.0ドル、米雇用指標悪化で買いが強まる

NY金は反発(COMEX金6月限終値:1295.0 ↑6.9)。1304.1ドルまで上昇後、1293.5ドルに反落し、それ以降は1295ドル前後での推移となった。21日の通常取引終了後に公表された4月29-30日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、「金融政策の正常化について議論を始めたが、正常化が近く始まることを必ずしも意味しない」とされ、直後の時間外取引で1282.9ドルまで下落後、1293.5ドルへの急反発がみられた。

22日は、この日発表された米国の先週分新規失業保険申請件数が予想以上に増加したことを受けて、金の買いがさらに強まり、高値1304.1ドルをつけた。しかし、その後は利食いとみられる売りや、米国の5月製造業PMIの上振れを受けた売りなどが徐々に優勢になった。次の中心限月となる8月限は、高値が1304.1ドル、安値が1293.7ドルで、引けは1295.2ドルであった(前日比6.9ドル高)。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below